【英語多読】トロント図書館のおすすめ活用法【楽しみながら英語勉強】

多読したい人:読書が好きだから多読で英語の勉強がしたいな。しかし毎回洋書を買っていてはお金がかかるし。。読み切れるかわからないのに本を買うのもな~。なにかおすすめな方法はないものか。。

というモヤっとした気持ちにお答えする記事です。

 

私は三度の飯より読書が好きで、英語で本が読めるようになったことは人生の喜びを倍にしてくれました。もちろんわからない単語とかもあるのですがそれでもだいたい読み切れるくらいのやさしめの本を選ぶようにしています。

 

 

この記事の内容

・カナダの本は高い!
・カナダの古本屋さんもブックオフほどの破壊力なし
・図書館が最高!
・このアプリは絶対にダウンロードすべし
・興味のある分野を攻めまくるのがおすすめ!

 

ワーホリの人は特に帰国のことも考えると荷物は増やしたくないですよね。
さらに毎回本を買っていてはお金もたりません

 

なので、私は基本的に図書館を利用しており、これがかなり最高なのでご紹介します。
返却がめんどくさい、家の近くに図書館がない、という人も問題ありません

 

素晴らしいアプリがあるのでそれを活用すればいますぐ多読できますよ~(・ω・)ノ

 

ちなみに私は語学学校には行っておらず、ただローカルカフェで働いて、英語の多読とオンライン英会話をひたすらやっているだけです。それでも一応ですが、先日トロント出身ですか?とお店の店員さんに言われたので、自然な英語力がついてきた証拠かなとも思います!

 

 

スポンサードサーチ

カナダの本は高い! 多読と手元に置いて起きたい本は別ものと考える

そうなんですよね。。新刊のみ取り扱っている書店は、店内の内装とかもほんとに素敵で、ばんばん買いたくなるのですが。本がだいたい高いです。。日本の文庫にあたるペーパーバックですら、$15とかしますね。ものによりますがだいたいそんなところ。

目的である多読は、たくさん本を読んで、たくさん英語をあびること。なので、経済面の負担も少なくしないと!ですよね。

 

こちらの新刊書店は売り方もうまいな~と思います。一言でいうと「素敵」なんです。
雑貨と組み合わせたコーナーが作られていたりして、そうするとその雑貨までも買いそうになるわけです。まあ欲しければ買ったらいいんですけどね (ˆˆ)
そうなると3,000円くらい一瞬でふきとぶ感じになります。

その代わり素敵な体験を買うことができます。
こちらの本は表示のデザインとかもお洒落なものが多いので、「持っているだけで幸せ・・♡」 という体験を得ることができるでしょう。

しかしあくまでも多読を目的とするならば、やっぱり「たくさん」読むことに集中です。

カナダで普通に新刊を買うとなると、1冊1200~2000円くらいする感じ。ブックオフやアマゾン中古本活用者からすると高く感じるかもしれません。ですので多読と手元に置いておきたい本、とは別に考えるのが良さそうです。

 

 

トロントにも古本屋さんあり。ブックオフほどの破壊力はなし。

 

古本屋さんもたくさんあります。なので利用するものあり!
しかしブックオフに慣れ親しんでしまった方々には高く感じる可能性もあります。私はそうでした。ブックオフの100円コーナーの破壊力は凄まじい、、と改めて実感いたしました。

こちらの古本屋さんは、個人店が多いです。値付けの仕方もばらばら。私がよく行くお店は3店ほどあるのですが、だいたい元の半額くらいかなー、といった感覚です。

例えば元値が$15のペーパーバックが$7くらいといったかんじでしょうか。もちろん著者によってはもっと高くかったりして、本はボロボロだけど$12とかもあります。日本の文庫だと新刊でも700~900円くらいじゃないですか。トロントだと、古本で日本の新品文庫くらいの値段、と考えれば良さそうです。

 

実際に私が買った本です。元値はカナダドルで$37、古本で$14.99。

古本屋さんのお店の前にワゴンセール、みたいなかんじで1冊$1で売られている本もあります。読みたい本がそこにあれば最高ですね!でも大概ないですね。だからワゴンセールになっているわけでしょうし。

古本屋さんの活用も多いにあり!ですが思ったほど安くはないです。

 

 

図書館が最高

ですので私がおすすめするベストはやっぱり図書館です(・ω・)ノ

理由は無料だからですね。
多読はその名の通り、たくさん読むことが大事なので。
本が気に入らなければどんどん次にいっちゃいましょう。

「この本あんまり好きじゃなかった。。でも$30で買ったし絶対読み切りたい。。」なんてことが起きてはダメです。気楽が一番なのです。

しかし図書館のデメリットもいくつかありますよね。
たとえば、

・読みたい本がない
・返却がめんどくさい
・家の近くに図書館がない
・行くのがめんどくさい

あたりでしょうか。

 

しかし、トロントの図書館はこのあたりデジタル化がめちゃくちゃ進んでおりまして、
全部解決できるのです。なのでやはり図書館推しです。

 

 

このアプリは絶対にダウンロードすべし。これで全てが解決。

 

Libby という図書館アプリがあります。
図書館カードをつくったら速攻でこのアプリをダウンロードしてください。利用価値がすさまじいです。iOS,Andoroid, Windowsに対応しています。もちろん無料です。

▶︎こちらからダウンロードできます

 

Libbyでできること

オーディオブックと電子書籍の借りる、返す。です。
図書館に行く必要は一切なく、ボタン一つで本を借りたり返したりが完了します。

ですので、行くのがめんどくさい、返すのがめんどくさいといったことは一切おこりません。また家の近くに図書館がないや、最寄りの図書館に借りたい本がないといったことも全く関係ありませんね。

 

Libbyの具体的な使い方

トップ画面

トップ画面の検索ボックスから読みたい本を検索します。
右上のLibbyちゃんマークはQ&Aです(下で紹介してます)。

読みかけの本が画面下の丸いアイコンに表示されます。
今私は”The sun is also a star”という本を読んでいるので、それがでています。

右下のShelfは今現在自分が借りている本が確認できます(下で紹介しています)。

 

 

実際の本文画面

普通に背景を白くもできます。
私は寝る直前まで読んでいるので、背景を黒にするナイトモードにして表示しています。

ワンタップすれば、画面上下の表示は消えて本文だけの表示になります。

 

画面上の三本ラインがあるところをタップすると各種設定ができます。
Reading Settingでフォント設定や文字の大きさ、ナイトモード・セピアモードなどの各種設定ができます。Return Loan To Libraryというボタンを押せば返却もできます。

 

 

 

トップページ右下のShelf

Shelfをタップすると今現在自分の借りている本や返却期限がわかります。
Due in 19 daysとあるのであと19日読めますよということです。ちなみにトロントの基本貸出期間は3週間の21日で、待っている人がいなければさらに21日伸ばすことができます。

 

 

読みたい本を検索する方法

たとえばなにか読みたい本があったとします。
トップ画面の検索ボックスにタイトルを打ち込みます。

私は次は”The Girl on the Train” を読みたいのでそちらを例に検索しました。

余談ですが、プラダを着た悪魔にエミリー役ででていたエミリー・ブラント主演で映画化もされたミステリーです。
▶︎映画情報はこちら。映画.comの作品ページにとびます

 

検索結果画面

本ありましたね。

 

本の詳細ページ

本をタップすると詳細に飛びます。
ここで書籍概要がわかりますし、サンプルを読むこともできます。

Borrowを押せば借りられます。

 

下までスクロールすると同じ著者の本に飛べたりレートがみれたりして便利です。

 

 

そのほか便利機能

基本的にわからないことがあったら、トップ画面のLibbyちゃんマークをタップしてください。よくある質問集や、このアプリの基本操作など便利集にとぶことができます。

 

気に入らなければすぐに返却すればいいので雑誌を読むのにも適しています。

日本のインスタ英語アカウントとかで、TimeやNewsweek, Economistなどを定期購読されている方も結構みかけるのですが、そんな雑誌も無料で読めちゃいますね。

 

 

読みたい本がない場合

大丈夫です。トップページを下にスクロールしていくと今旬な本や最新刊、オススメ本がピックアップされていますので、そこから適当に読むのもありです。

 

こんなかんじで本当におすすめです(・ω・)ノ

 

 

興味のある分野を攻めまくるのがおすすめ!

多読に慣れていないなという方にオススメなのが興味のある分野から攻めることです。

 

興味のある分野からスタートすれば前提知識があるので継続がスムーズです。

多読の一番の目的は生の英語を大量に浴びること。ですので、たくさんやらないとあまり意味がありません。万が一借りた本をパラパラっとみて気に入らなければ、借りてからたったの5分後であっても返却してしまえばOKなのです。

例えば海外セレブゴシップが好きなら、雑誌を読めばいいし、料理が好きなら料理本からはいればいいです。

 

基本楽しめばOKなのですが、唯一ポイントとしては、たくさん読むこと

あまり深いことは気にせずガンガン読んでいきましょう。いちいち辞書など調べなくてよいです。ぜんぶすっ飛ばしてパラパラみていきましょう。

簡単な本や、イラスト写真がたくさんある本などが最初はいいかもしれません。
ちなみに私は、最初は料理本や写真集などからはいり、最近は10代向けの小説や簡単なビジネス本、詩を多読しています。

 

本が好きすぎて、それで英語が勉強できるのが最高すぎて、ちょっと暑苦しい記事になってしまいました。。
今回は以上です。

ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です