カナダワーホリでのシェアハウスの探し方【体験談】【コピペできるメモつき】

トロントでの家探し、どうしたらいいの?
エージェントに登録していないから、トロントでの家探しは自力でしたい。
トロントでのホームステイも終わりそうだから、そろそろ次の家探しをしないと。

 

こういった方にむけて、トロントでの家探しのポイントをまとめました。

 

 

この記事の内容

  • 家探しをはじめる前に。まず最初にやるべき大切なこと
  • トロントでの家探しをする際の注意点
  • 家探しを楽にするチェックシート(コピペしてつかってください)

 

私は今のダウンタウンの中心地に住んでおり、
この家は到着して3日後に家が決まりました。

まだその家に住んでおりましていて、かなり満足しておりまして、
条件は面もめっちゃいいです。

 

・部屋は10畳で、南向き、2階。
・大きな窓が2つあって、そのうちのひとつの前には大きな木があって毎日の癒し。
・朝は鳥の声で目覚めます。
・家賃は月600ドル(電気水道ガスWIFI混み)。

広くて日当たりが良い、というのはダウンタウンではなかなか高くなりがちです。
月600ドルは高いとおもっていましたが、
周りにいうと「安い!!」と驚かれます。どうやらコスパもいいみたい。

 

もちろん部屋の空き状況などの運もあったと思います。

とはいえ3日で家が決まるのは早い方かと思いますし、
いろんな情報をしらべて、結構効率的に家さがしができたと思います。

そんな私が家探しのときに注意していたことや、
後から考えて付け足したことなどをまとめてみましたので、ご紹介してきます。

 

 

スポンサードサーチ

家探しをはじめる前に。まず最初にやるべき大切なこと

 

ネットで家探しを始める前にまずやっておくことがあります。
それは「自分の条件を考えてメモしておく」ことです。

 

なぜかといいますと理由は単純でして、忘れるからです。
部屋さがしでいろんな写真をみているとついつい楽しくなりませんか?

当初想定していた予算を大幅に超える物件ばかりピックアップして、
やっぱだめだめ!みたいな気合いを入れ直すことってありませんか?笑

私はかなり次々ノンストップ見てしまう方の人間でして、
とりあえず検索で出てきたら最後まで見ないと気が済みません。

そしてだいたい自分のなんとなくおもっていた予算より高い物件ばかり見てしまっていたりします。。。

 

もちろん中には結構厳しめに自分を律することができる方もいるかもしれません。

しかしこの条件のメモを事前につくっておくだけで、
後々オーナーと交渉をするときや、複数物件を比較するときにも結局役に立つので、

作っておいて損はないです。

 

ひとまず、自分の条件をメモしておいてください。
ページの最後にチェックシートをはっているので、それを埋めるだけで完成です。

 

 

※補足それができてはじめて初めてネットを見ましょう。
サイトは以下の3つのサイトを使いました。

eMaple
kijiji
craigslist

 

トロントでの家探しの注意点

 

トロントでの家探しの基本で特に要注意なことを挙げておきます。
基本をしらないと、下手をしたら1ヶ月先送りなんてことになってしまいます。

主な注意点としては以下の3つです。

  1.  トロントの家のレンタルスタートは、ほとんどが毎月1日はじまり
  2.  家探しには現金が必要
  3.  入居時に2ヶ月分支払う

 

ひとつずつ見ていきます。

 

1 トロントの家のレンタルスタートは、ほとんどが毎月1日はじまり

私はこれを知らなかったのでトロント到着の日にちは完全に適当に決めていました。

家探しは2週間くらいかな〜なんて見積もっていたのですが、
到着翌日に「毎月1日はじまり」ルールを知りました・・

28日に到着して運良くぎりぎり30日に家が決まったので、
結果オーライでしたが、

もしこれを知っていたら、もう少しはやくきたと思います。

 

とはいえ中には15日レンタルスタートというお家もあるみたいでして、

例えば9月5日くらいに到着してもう家がない!
かというとそういうこともないみたいなので、
そこまで焦る必要はなさそうです。

 

なので安心してください。
この情報を知らなくても皆住む家は決まっています。

心配して不安になってしまうことのほうが、よっぽどよくないです。

 

これから家探しをしようと思っている方に限っては、
頭にいれておけばいいかなと思う点、ということになります。

 

 

2 家探しには現金が必要

入居が決定したらその場で現金が必要になることが多いです。

普段持ち歩いているお金とくらべてかなり大金になるはずなので、
現金が必要になる、ということを頭に入れておいた方が良いです。

私はこれを知らなかったので、
入居がきまった時にいそいでATMに走りました。。。

本当にこの家でいいのか、大金を払っていいのか、
そんなことでただでさえ不安なのに、
今すぐ引き出してこなきゃ!

みたいな焦りは本当によくないです

ぜひ皆さんは焦らず冷静にことを運んでくださいね。

 

 

ちなみに、その後も私は家賃を現金で支払っています。
職場のカナディアンの子達にも聞いて見ましたが、


シェアして住んでいる子達は皆現金払いといっております。

 

日本だと一人暮らしでも口座振込とか引き落としとかが、
一般的で、
現金で払ったことは一度もないので、

外国で見ず知らずの人にいきなり大金を手渡すのはものすごく抵抗がありました。。

 

とはいえトロントの家賃支払いは現金払いが一般的のようです。
おそらくワーキングホリデーの人たちのようにシェアハウスの場合は特に、だと思いますが。

高層マンションの駐在員の方達が現金払いしているとは思えないですからね。

 

 

3 入居時に2ヶ月分支払う

入居が決まったら契約時に2ヶ月分の家賃を現金で払う必要があります。

入居時に現金払いをする、というのが先ほどの注意点でしたが、
それだけではありませんでした。

2ヶ月分の家賃をお支払いします。
最初の月と、最後の月の分をまとめて入居時に払うのだそうです。

最終月の家賃をデポジットとして払う、という言い方をするようです。

 

デポジットを払う必要がない場合もたまにあるみたいですが、
だいたいの場合は払います。

カナディアンの子達はデポジットは当たり前だ、と言っていましたので、
普通なようです。

 

「600ドルか、、高いな」と思っていた私ですが、
なんと2ヵ月分の1200ドル必要だったんですね、、しかも現金で。

 

あ、あと領収書はしっかりもらうようすることも忘れないようにしましょう。
(下のチェックリストにいれてありますので、コピペしてつかってください)

 

家探しを楽にするチェックシート(コピペしてつかってください)〜トロント編〜

 

私が「これを事前に知っていたなら」と思ったことを中心に注意点ばかり書いてしまったので、
もし不安になってしまった方がいたらごめんなさい。

 

そもそも楽しみにしていたワーホリ生活のスタートなのでね。一番は楽しむことが目的。

 

準備をしていればこそ安心でき。
安心できるとより楽しめる。

 

ということもあると思うので、
チェックシートをつくってみました。

 

これを一度埋めてみるだけでも、
家選びが楽になると思います。

 

 

また、家主と交渉するときもこのリストを見ながら話しをすれば、
落ち着いて交渉できます。

例の部分には私が家探しの際にあげていたことを書いておきますので、
そちらもよかったら参照してください。

 

<こんなシーンでつかえます>

家探しの前
最中
実際に内覧に行く時
複数内覧にいったあと最終的に決めるまでの比較のため

、などに使えます。

私は内覧時にささっとメモしたかったので、
ノートにいちいち書いてました。

スマホのメモ帳とかでもいいような気がします。

ちなみに入居後にも事前に聞いたことの証明としてもつかえます。
何か言われても「それは聞いてません」と言えます。

 

<こんな風にしてつかえます>

・家探しの前に自分の希望が特にある箇所を埋めておく
・ネットで家探しスタート。
・条件に合うところをピックアップ
・条件に合わないけどいいなというところもピックアップし妥協点をメモしておく
例 家賃が想定より$50高いがダウンタウンの中心で交通費がかからないのでよし

・内覧が決まったらメモに聞いた条件を追加しつつ、自分の希望を伝えて交渉できそうならする
・いくつか内覧する
・返答期限に注意しながら、どこの家にするかメモを比較して決める
・入居したい旨を伝える
・まだ空いていたら入居ほぼ確定
・契約書やデポジットの支払いをしにいく
・めでたく家決定!

 

こんなかんじですかね。
別にこのまま使わなくてもいいです。

コピペして適当にアレンジしたりしてみてください(・ω・)ノ

 

 

—–<トロント家探し チェックリスト>—–

内覧日時
住所
オーナー名
オーナー電話番号
返答期限

<お金関係>

・希望家賃(例 $500〜700)$

・家賃に含まれるものはなにか聞く

・家賃に含まれず支払いが必要なものがあるか聞く

・Wifi (例 家賃に入ってること希望 動画耐えれるくらい希望)

・水道代 (例 家賃に入ってること希望)

・電気代 (例 家賃に入ってること希望)

・ガス代(例 家賃に入ってること希望)

・洗濯機あり (例 どちらでもいい)

・コインランドリーが近くにあるか (洗濯機がないなら徒歩5分以内希望)

・家賃の支払い日はいつか

・デポジット(最終月家賃も一緒に払う必要)があるかきく

・そのほかなんでも、なにか費用が発生するようなことはないかきく

<契約関係>

・入居日の再確認(例 自分の希望日は 月 日)

・契約書の有無をきく(例 私はなしです)

・最低住まなければいけない期間はあるか

・退去時のルールはあるか(例 後任を決めないといけないのは嫌だ)

・そのほかハウスルールはあるか(例 自分は猫アレルギなのでペット不可希望)

・人を呼んでもいいか(例 どちらでもいい)

・家賃の領収書はだしてもらえるのか聞く(例 出してもらえない場合手書きのサインはくれるか聞く)

<設備関係>

・シャワーは充分熱いか(例 実際触らせてもらうこと)

・シャワーの湯量は充分か

・複数人が一気にシャワーを使ったらお湯が出なくなることがあるか聞く
(例 できればそうでない家が望ましい)

・個室の鍵はあるか

・スペアキーはあるか

・冷暖房はついているか

・冷暖房は調整できるか

・虫はでるか(例 これは家主ではなく今住んでいる人に聞くほうがいい )

<立地条件>

・最寄りTTCまでの距離(例 徒歩3分以内がいい)

・近所のスーパー(例 徒歩5分以内がいい)

・周りにある施設、気になったらメモしておく

<人関係>

・オーナーは初見で神経質そうでないか
(例 めんどくさそうとか怖そうだったらその家はなし)

・オーナーは同居か
(例 同居でないほうがいい)

・ルームメイトがもしいたら軽く挨拶して少しはなしてみる

—–<トロント家探し チェックリスト>—–

 

 

 

 

以上になります。参考になればいいのですが。。
ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です