【ワーホリ 保険】お金の話 〜保険編〜【費用公開】

 

前回のつづき。
ワーホリ お金の話し第二弾!

 

今日は保険の話。
結論、私のしたワーホリ関係の買い物の中で、これが一番お金がかかりました

 

スポンサードサーチ

私のワーホリ保険料 ¥212,600。

これを高いとみるか安いとみるかは人次第かと思いますが、
結局日本にいても月々健康保険料を払っているので、

それを考えると、
個人的には納得できている金額です。

 

まずは自分の条件を洗い出し、
いくつかの保険代理店に問い合わせました。

 

どこの窓口もそうなのですが、
こちらがなにもわからない前提で話してくれるわけではないので、

補償内容の範囲などを理解していないので、
結構混乱した記憶があります。

これは、
保険を実際につかうようになってからもそうで、
対応は丁寧だけど言ってることは不親切だな、と思うことが多いです。

民間の保険なんてそんなもんなのかもですが。

 

 

検索条件

私とまったく同じ条件で、ってことはないと思いますので、
参考程度にみてください。

 

こんな条件で代理店に問い合わせました。

 

  • 補償期間が1年以上指定できる保険
  • 2カ国以上カバーできること
  • カスタマイズ可能であること
  • そして、当然ながらカナダ政府の要請している条件をみたしていること

現時点での条件は以下の3つがカバーされていること。
特に補償最低金額などの指定はありません。カバーされていればよし。

medical care;
hospitalization; and
repatriation

(カナダ政府の要請している条件はこちらから確認できますが、
随時変更になるはずなので最新版を要確認。)

 

私は3社代理店に問い合わせましたが、
そこででてきた保険の選択肢は、2つでした。

 

1年以上カバーできる、という条件がネックだそうで、
私が問い合わせた範囲では、

 

ジェイアイ傷害
東京海上日動

の2択しかありませんでした。

 

また、
いつも旅行にいくときはネット加入するのですが、

1年以上の期間のものは、
郵送でのやりとりしかできない、とすべての代理店に言われましたので要注意。

 

 

現地の保険加入はどうなのか

 

実際もうすでになんども病院にいきましたが、

フィリピンでもトロントでも、
特に通訳がなくてもなんとかなるイメージ。

 

なので、現地の保険でも大丈夫かとは思います。
日本から加入できるものだと、これがありました。

 

日本の保険にくらべると、
トータル金額もかなり安く魅力的だなと思ったのですが、

私は、カナダ入国前にセブにも行くことにしていたので、
結果的にこちらはえらびませんでした。

 

 

保険をえらんだときのポイント

以下の条件で検索し、
窓口の人の対応が納得できた人のところのものに決定しました。

いろいろと窓口のかたに、
質問攻めしまくったのですが、

 

慣れないトピックで、
まじでわかりづらいです。

 

私が問い合わせた内容。

●希望
・通院、入院の治療の際にキャッシュレスで対応できる
・日本語対応可能
・治療費用:1500万、救援費用:500万
・死亡に対する保険は無しあるいは少額でいい。ケガ、病気、日常
的な体調不良を含む通院、入院に対して保険適用を希望。

●不明点
・治療・救援費用~航空機遅延まですべての項目がなにを指すのか
、詳細は理解しておりません。
・治療、救援費用にケガは含まれないですか?
・交通事故は傷害死亡にあてはまりますか?
・傷害保険のカバー範囲を、自動車や電車等に搭乗中の事故や自転
車で転んだ時等の交通事故によるケガに限定し、傷害保険の保険料
を安く抑えるなどはできますか?
・賠償責任、はどんなときにつかえますか?
・カナダにいる間近隣の国に旅行にいくかもしれません。その場合
、地域を北米、などとすることはできますか?
・帰国便はきめておらず、どこかの国に寄ってかえってくることも
考えています。その場合は、別途保険のたりない日程のみ、追加す
ることはできるのでしょうか?

 

で、こちらがいただいた回答。
結構むずかしいですが、
それでもやりとりした中では一番わかりやすかったです。

まずはご質問いただきました点について
お答えいたします。
補償項目の詳細は以下のURLにてご確認いただければと存じます。

補償内容

・交通事故による怪我の治療は 治療・救援費用保険金より、
死亡時は傷害死亡保険金、ご遺体の搬送費用は治療救援費用のうち
救援費用よりお支払します。

・傷害の補償の原因を限定することはありません。相手からの補償以外に
当該保険の所定の金額をお支払いします。

・渡航先については最初の渡航地もしくは主要な渡航先の地域(北米)を
ご登録いただくことになりますが、登録いただいた地域以外でも
補償の対象となります。

・東京海上は通算2年以内であれば保険期間の延長は可能です。
※ ただし幾つか条件があります。
① 一定以上の保険金支払いが発生していないこと
② 国内で代理で手続をしていただく方(同居の親族等)がいること等です。
長めに保険期間を設定し、早期帰国となった場合は規定に従って
解約払い戻しという方法も可能です。

 

このあとも、
納得するまでメールや電話でやりとりをし、
全部説明をしてくれた会社に決定しました。

 

実際旅行保険はつかっているのか

 

はい!

 

めちゃくちゃつかってます。
年だからかなー。

 

その内容については、また別で詳しく書きたいと思いますが、
大金払ってるんやから、

 

つかわな損やよ!

 

特に一人で海外生活するにあたって、
健康は一番大事といっても過言じゃない。

 

体調が悪いとメンタルまでやられて、
弱ってしまうこともある。

 

メンタルやられたらつらそー、絶対やだ。

 

 

なのでまずは器(からだ)のメンテは、
入念にしときましょ、って話です。(・ω・)ノ

 

 

 

なが。。
もう少し短くわかりやすくかけるようにがんばりますねー笑

 

 

ではでは、今日も1日楽しんでいきましょー!
(ってトロントはもう夕方やけどw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です