ワーホリ お金の話 航空券 ¥48,630 でした!

みんな気になるお金の話!
過去にこんな記事をかいておりましたが、

準備開始

実際のところいくらで済んだ?
という話を書いてなかったと思い出したので書いときますね。

 

スポンサードサーチ

航空券 ¥48,630 でした!

当初20-30万を想定していたので、
脅威的価格をたたきだした!!!と、かなりの大満足。

日付も全部きまった往復で買うと、
航空券てめちゃくちゃ高い。

しかも早めに検索したいところなのに、
先過ぎるとまだ買えないというジレンマも発生して、

買うタイミングも難しい。

 

で、私は結論からいうと、
片道航空券しか買いませんでした。片道の値段です。はい。

 

気になる入国審査。

不安材料としてあがってくるのが、
入国審査、かと思います。

カナダのワーホリは入国審査をパスしてから、
パスポートに、ワーホリビザが貼られるかたちなので、

入国審査の前までは、
ワーホリ許可証しかもっていないことになります。

ネットをみてると、
帰りの航空券や保険証書もってなくて、別室おくりになったとか、

そういう情報もあったので、

帰りの航空券と保険は、
日本から準備していきました。

結果なにも見せることなく終わりました。

 

片道しか買わなかったんちゃうんかい!

というツッコミも聞こえてきそうですが、

 

復路は一旦マイルでおさえましたー。
スターアライアンスのマイルだったから、エアカナダ!

や〜マイル様様ですよ。

変更手数料数千円とかかかった気がするんですけど、
でもまあ、もしかしたら急に帰ると決断することもあるかもしれないし。

実際ワーホリは1年まるまるいらっしゃらない方も
たくさんいますしねˆˆ

 

なんてたって、5万以下。
最強としかおもえない。
使わない手はない。

 

ただし、ちょっと変な便でした。笑

何が変かって、

羽田ー上海ーセブー上海ートロント

 

 

あらまー。

 

 

ですよね。笑

 

 

 

航空会社は、機内食がまずすぎて有名な?中国東方航空でした!

 

いわゆる、周遊とかラウンド、って言われるタイプの航空券。

 

安すぎて不安だったので、
使用機体確認しましたが、

普通に他のほとんどの航空会社と同じ、ボウイング。

結果、私はほぼ定刻でカナダ入りしてます。

 

機内食は糖質制限中なので、糖尿病食にしてみましたが、
まあ、食えるな。

糖質制限ってより、脂質制限食。

 

 

突如思い出すセブ島留学。

そう、セブ島留学。

カナダは航空券もたかそうだし、
トロントは物価もたかそうだから、なしかなーとおもってたんだけど。

飛行機30万くらいは覚悟してたので、5万になったと考えると、
あまった25万で留学できるやん、と。

 

ラッキー。

 

移動費にあてるより全然建設的な使い道。
私的には大満足な買い物でしたね。

 

ちなみに、
私はひとり旅も含めて結構海外行き慣れているので、

ワーホリで初海外!とかの人は、

日本から直行、とかのほうが
心の負担が少なくていいかもしれないですねˆˆ

 

 

見つけ方のコツは、

 

 

 

本気でたくさん検索する。
それだけです笑

 

 

往復もしらべたし、
経由地もいろいろいれたり、

出発到着日も地味にちょこちょこ変更して、

 

結構検索しましたよ!笑

 

セブ島留学って、
ワーホリ前に行くかた結構多いですし、

一度検索されてみるといいかもしれませんよ!

私がいつもつかっているサイトはスカイスキャナー

 

他トピックにたどり着く前ににすごい長くなってしまったので、
結論だけかいて、

 

また次回以降に続きます。。。

 

2 旅行保険加入(5~30万) →20万くらい

3 歯科検診(~3万)→3000円くらい

4 一時滞在先(2週間程度)の予約(5万) 8万くらい

※フィリピンへ2週間程度の語学留学も検討中。→いきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です