ワーキングホリデー中にパスポート紛失してしまったら?

万が一、ワーホリ期間中にパスポートをなくしてしまったらどうしたらいいの?

一番大事といっても過言ではないパスポート。
今回は紛失してしまった場合の対処をまとめてみました。

実際に紛失したわけではないので体験談ではありません。
紛失が怖すぎて事前に調べたのでまとめた感じです。

 

この記事の内容

  • パスポートを紛失してしまったときの3ステップ

1.警察に届け出る
2.日本領事館でパスポートの新規発行を申請す
3.CICでワーホリビザの再発行を申請する

  • 盗難の場合は海外旅行保険が適用される
  • パスポート紛失の対策としては持ち歩かない。代わりとなる身分証を発行する。

 

この記事作成にあたり調べたのは、在トロント日本国領事館のサイトと、カナダ政府のサイトです。

結論からいえば手続き自体はそこまで難しいものではなさそうです。めんどくさいけどやればできそう、、というかんじ。日本から取り寄せる書類があったりもするので、ちょっと時間はかかりそうです。

 

スポンサードサーチ

パスポートを紛失してしまったときの3ステップ

1.警察に届け出る

まずは最寄りの警察に届出が必要です。領事館、CICに駆け込みたい気持ちもあると思います。しかし、どちらの機関でも手続きを始めるためには、最寄りの警察に届出をしていることが必要、になると明記されています。

警察で発行される書類があって初めて、パスポート新規発行やビザ発行ができるようです。

パスポートを紛失した場合

盗難等にあってパスポートを紛失した場合、
その旨を
最寄りの警察署に届け出た上で、申請を行ってください。

手続きは紛失届を提出した上で新規パスポート、もしくは帰国のための渡航書を申請することになります。

●パスポートの取得

1
申請書
1通(当館備え付け)
2
紛失・焼失届出書
1通(当館備え付け)
3
写真
4
戸籍謄(抄)本(6カ月以内に発行されたもの)
1通
5
警察署より紛失立証書類
1通
6
長期滞在の方は、カナダの滞在資格が確認できるもの(カナダ滞在査証、PRカード等)

 

 

CICサイトより引用↓

You must provide the police report number proving that your current and valid temporary resident document has been lost or stolen.

 

 

まずは警察に行きましょう。

 

 

2.日本領事館でパスポートの新規発行を申請する

先ほど必要な書類を領事館のページから引用しましたが、一応テキストでものせておきますね。

 

  1. 申請書1通(当館備え付け)
  2. 紛失・焼失届出書1通(当館備え付け)
  3. 写真2枚(写真の規格参照外部リンク)
  4. 戸籍謄(抄)本(6カ月以内に発行されたもの)1通
  5. 警察署より紛失立証書類1通
  6. 長期滞在の方は、カナダの滞在資格が確認できるもの(カナダ滞在査証、PRカード等)

 

1、2以外は自分で用意するものになりますので、まずはその準備を早急にしましょう。

 

 

3.CICでワーホリビザの再発行を申請する

最寄りのCICにいって申請を依頼しましょう。

カナダの場合、ワーホリビザおよびeTAがパスポート番号に紐づいて発給されます。

パスポート紛失と同時にこれらも失い、再発行の必要があります。日本国パスポートは新規発行になってしまうので、パスポートは新たに手に入れられるとしてもパスポート番号自体が変わってしまいます

私はとりあえずビザはスキャンで保存しました。サイバー攻撃?とかそういうセキュリティ上の面とかあると思うので、、まあそこは自己責任ということになってしまうのですが。。

ワーホリビザを申請したCICにて$30で申請できるようです。詳細はこちら

 

盗難の場合は海外旅行保険が適用される

 

盗難であれば、携行品損害の補償範囲内で、申請費用や交通費などがカバーされるようです。ご契約にもよるかとおもうので、保険会社にも連絡したほうがよさそうですね。

置き引きは本人の過失にあたるので適用外、とかかれているところもあったので、まずは聞いてみるのが一番よさそうです。

 

パスポート紛失の対策としては持ち歩かない。代わりとなる身分証を発行する。

 

カナダではお酒を買うときなど、なにかと身分証明書の提示を求められることがあります。原本は持ち歩かないようにしています。

私はパスポートのコピーを持ち歩いていますがが毎回それでいけますね。それですらちょっとびびりますが原本を持ち歩くよりましです。

またカナダの場合は、州によって多少条件などが異なるようですがパスポートの代わりとなる身分証を申請発行できるようです。

トロントのあるオンタリオ州の場合は申請費として、35ドル程度。国際免許証は日本で発行していくつもりですが、発行から1年のみ有効なので、州発行の身分証の方が、長期滞在の方にはむいているかもしれません。

 

なくさないことが一番とはいえ、そういうこともあるかもしれないので、事前に調べておこう、という記事でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です